第3話 温泉は諸刃の剣

この湧出した温泉は泉温50℃を超え、泉質は有馬温泉のように鉄や塩分も濃いミネラルたっぷりの温泉です。

ガツンと身体に刺激を与え、入浴後も身体はずっとポカポカしています。

この温泉は例のプレハブ小屋の家庭用のお風呂にミネラルの塊(?)のような温泉を掛け流していました。

その排水は、生活排水と同様に雑排水路から指定の河川へ放流されています。

この経路は工事排水上、問題はなかったのですが、たまたま数日間だけ特別に農業用のため池にその排水路より引水がなされていたのです。

結果、数か所の田んぼに温泉が混入したため池からの水が引かれ、収穫前の稲が全て枯れてしまったことが後日判明しました。大失態です。

社長は言いました。

「ご近所さんにご迷惑はかけたらいかん。出荷量の3年分を買い取らせてもらいましょう。」「温泉は色々ありまんな~」

社長と私は1件1件農家の方々に謝りに行きました。

濃い温泉は身体には強い刺激があり、温泉効果を実感できます。

しかし、排水や設備への影響を特に注意する必要があります。

“温泉は諸刃の剣”温泉の力をまざまざと見せつけられました。

Comments are closed.